おすすめの書籍

%e6%82%b2%e5%98%86%e7%99%82%e6%b3%95x%e5%b9%b8%e6%81%b5%e3%81%95%e3%82%93 【悲嘆療法】 村井啓一 著

潜在意識とつながるとき再開の扉は開かれる。
悲しみの向こう側にある大切な人との絆の物語が心と体と魂を癒す。
死別や離別の悲しさは、遺された者たちの胸に深い傷を刻む。 「愛しています」「ごめんなさい」「ありがとう」・・・。
伝えたい言葉はたくさんあるけれど、今ではそれを伝える術もないという虚しさ、そして後悔。
悲嘆療法は、二度と語り合えないと思っていた大切な人と潜在意識下でコミュニケーションをはかるという悲嘆ケアのためのヒプノセラピーの技法。
そこにある死別者、離別者との感動の再開が、悲嘆者に、心と体と魂の癒しをもたらす。
「悲嘆療法」は、日本におけるヒプノセラピーの第一人者である村井啓一が開発の経緯や現代的な意義、基本的な方法論を説明するとともに、医師・セラピスト・カウンセラー・心理療法家として活躍する29名による、悲嘆療法を使った臨場感あふれる体験談を紹介します。

 

 


 

%e4%ba%ba%e9%96%93%e8%84%b3%e3%82%92%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%82%8b 【人間脳を育てる】 灰谷孝 著

発達障害者は発達する。 その理由がここにある。 その方法が今、明らかになる。 身体・学習能力・ コミュニケーション力・情緒。 ーーそのつながりを明白に伝え 「今日からできることは何か」を 教えてくれる一冊

灰谷孝
一般社団ここ・からだ代表理事

ブレイントレイン関西 代表